EC-CUBEについて

EC-CUBEとは

EC-CUBEとは、株式会社ロックオン社が提供しているオープンソース(Open Source)で、ECサイトを構築するためのパッケージです。

EC-CUBE構築サービスは、このパッケージを使用してECサイトを構築します。
標準機能については、こちらをご覧下さい。

日本発のこのECサイトパッケージは、商習慣が異なる海外製のオープンソースとは異なり、日本独自の決済方法などが標準で搭載されていますので、使い勝手がよく、ASPでは決して出来ない独自色の高い、ライバルサイトと差別化が図れるECサイトを構築することが可能です。

自由度は高いけれど、ECサイトを一から構築する「スクラッチ開発」は、時間と費用が莫大にかかってしまいます。スピードが最も優先されるインターネット社会では、その違いは大きく「サクっ」と始め、成長させていくECサイト構築に向いています。また、費用に関しても比較できないほど安価に構築出来るのです。
標準で、ドコモ、au、ソフトバンクのモバイル3キャリアにも対応しているのも大きな魅力です。

オープンソースだからできる、”無料”ダウンロード

EC-CUBEは、無償のGPLライセンスを採用していますので、”無料”でダウンロード出来ることはもちろん、自由に複製、改変、頒布することができます。
EC-CUBEのソースコードやインストールマニュアルは、いつでも”無料”でダウンロードできます。ダウンロードはこちらから可能です。
もちろん、EC-CUBEがバー ジョンアップされれば、新しいバージョンアップも無料でダウンロードしてご利用できます。

オープンソースだからできる、自由なカスタマイズ

オープンソースですので、ソースコードを自由に変更することができます。
ECサイトは、販売する商品によってEC-CUBEの標準機能では、カバーできないこともあります。また、ライバルサイトと差別化を図るためにも、機能のカスタマイズを行い、独自色を出し、アピールすること必要となってくることもあるでしょう。

例えば、「健康美容商品」を扱っていれば、必ず必要になってくる「定期購入」機能は、標準では搭載されていません。しかし、カスタマイズを行い機能を追加することによってそれが可能となります。当サービスでは、有料オプションとして、「定期購入モジュール」を販売しています。

ASPのレンタルカートのような制約は一切ありませんので、デザインのみならずソースコードレベルでのカスタマイズを行うことが可能です。

オープンソースGPLライセンス

オープンソースとは、ソフトウェアの著作者の権利を守りながらソフトウェアの設計図にあたるソースコードを公開し、誰でもそのソフトウェアの複製、改変、頒布を行えるようにすることです。


ソースコードがあれば、自由自在に変更を加えることができ、新たなソフトウェアを生み出すこともできます。


EC-CUBEのライセンスは、無償のGPLライセンスと有償の商用ライセンスを選択することが可能できる「デュアルライセンス方式」を採用しています。
詳しくは、株式会社ロックオン社のサイトをご覧ください。